ムダ毛に悩んだ青春時代

私は小さい頃からかなり毛深いことに悩んでいました。小学校高学年の頃、伯父に脚を見られ「結構毛があるんだな」とはっきり言われたことがとてもショックでしたが、当時は処理することもままならず、恥ずかしくて母親にすら相談できずにいました。
中学・高校生になると、ムダ毛が薄い友達を見てはうらやましくなりました。その頃になると剃刀で剃ったり毛抜きで抜いたり、脱色したりと様々なことを試していましたが、自分の身体はどうしてこんなに毛深いんだろうと悩み、夏が来るのが本当に憂鬱になっていました。
その後、大学時代はだましだまし自己処理を繰り返してしのいでいましたが、剃っても翌日にはチクチクと生えてきたり、当時付き合って彼氏には生えかけの毛が痛いと言われたりしてショックを受けたことも多かったです。
社会人になってからは自由に使えるお金が増えたこともあり、脱毛に通うことを決意しました。私が選んだのは医療レーザー脱毛です。全身をやるにはお金がかかりすぎるので、まずは一番気になる脚(膝下・大腿)の施術を受けました。幸いなことに肌色は白く、毛が黒々としていた私にはとても効果があり、数回通った後は自己処理をすれば気にならないつるつるの肌を手に入れることができました。その後、ちょっと高価な家庭用レーザー脱毛器を購入し、脚の残った毛や脇を自分で処理し、今では人前で堂々と薄着で過ごすことができるようになりました。