昔から変わらないムダ毛の処理

その昔、学生時代のことだからもうかなり前の話になってしまうけれど、その頃カミソリであちこちの毛を剃っていました。中学生のころからだんだんムダ毛が気になる部分を剃ってきましたが、高校生の頃になると腋の下のムダ毛は当たり前で、脚の毛も膝下は当たり前のように剃り、毛抜きをいつもポーチに入れて学校へ持って行ってました。
学校へ毛抜きを持っていき、休み時間や昼休みになると指の毛とか眉毛を抜いていました。そのあたりのムダ毛の処理は当たり前で、わたしの周りの友人たちも同じようなところを毛抜きで処理していたので、もうそれをしないと気持ちが悪いほどになっていました。もはや高校生ならそうやってムダ毛の処理をしないと遅れているくらいになっていたのです。かなり前の話になりますが、昔の高校生もこうやってムダ毛のことが気になって仕方がなかったのです。
それから年月が流れ今に至りますが、今でも高校生の頃と同じように毛抜きで指のムダ毛を抜いていますし、眉毛のいらない部分を処理しています。手順も高校生の頃の処理の仕方と同じようなものです。もっと効率がいいムダ毛の処理はないかと考えてはいますが、結局使い慣れたものでの処理が1番なんだと思っています。