自己処理のデメリット

カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどによる自己処理は手軽で費用が安く魅力的です。簡単にできるので繰り返し行ってしまいがちですが、自己処理にはデメリットがあり、知らずに繰り返していると肌たらブルが発生します。デメリットを知ってから自己処理をしましょう。
カミソリで処理をすると、毛だけでなく角質も剃られてしまいます。角質がはがれると乾燥を防いだり紫外線から守ってくれているバリア機能が破壊されて、ガサガサ肌やシミができやすい状態になります。毛の先端がとがるのでチクチクして水着を着たときに水着を突き抜けることもあります。
毛抜きは埋没毛ができやすく、埋没毛ができると自分で治すのは難しいです。毛根から処理をして毛根部分に菌が入り込むと化膿する恐れもあります。
除毛クリームは薬剤を使うので、肌が弱い方はアレルギー症状がでる可能性があります。薬剤の刺激で肌が乾燥しやすくもなります。
自己処理を頻繁に行っていると、ブツブツ、黒ずんで美肌とは遠い状態になります。自己処理をするときは十分注意しましょう。